スポンサードリンク



リンパマッサージで月経前症候群を軽減

リンパマッサージで月経前症候群の症状を軽減することができます。
月経前症候群は、月経開始1〜2週間前からココロとカラダに不快な症状が出てしまいます。
月経前症候群の主な症状は、カラダ的には、頭痛、腰痛、むくみ、下痢、便秘、乳房の痛みなどがあります。
ココロ的には、イライラする、無気力、不安感、落ち込み、攻撃的になるなどの症状があります。
ホルモンバランスの乱れで視床下部や下垂体がなんらかの影響を受けておこると考えられています。
月経前症候群の対策は、バランスの良い食事、質の良い睡眠、リラックスをすること、適度な運動、ピルで月経をコントロールするなどがあります。
ホルモンの乱れの影響で血行が悪くなると腰痛、腹痛、頭痛の症状がでるので、リンパマッサージで血行を良くしましょう。
リンパマッサージの癒し効果は、月経前症候群のココロ的症状に良い効果があります。
posted by 桃子 at 14:30 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージと赤ワインのポリフェノール

リンパマッサージ赤ワインで、健康になることが出来るのだそうです。
飲酒後にリンパマッサージを行ってはいけないので、赤ワインを飲むタイミングには注意しましょう。
赤ワインは、ポリフェノールを多く含む食品です。
ポリフェノールは、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ血液をサラサラにする効果があります。
サラサラの血液は健康にとても良いので、リンパをサラサラにすることにも効果的です。
ありとあらゆる病気の原因となる活性酸素は、人を老化させたりカラダをさびつかせています。
誰でもしている呼吸で人が酸素を利用して生きていく上で、体内で活性酸素が発生するのを止めることはできません。
生きるために必要不可欠な酸素から生まれる、生命にとって脅威の存在である活性化酸素の働きを抑制する物質を多く取るように心がけましょう。
赤ワインに多く含まれるポリフェノールは、酸化を防ぐ抗酸化作用があります。
赤ワインで血液をサラサラにして、リンパマッサージでリンパをサラサラにして健康に気をつけましょう。
posted by 桃子 at 11:16 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージで倦怠感を改善

リンパマッサージによって、リンパ液の流れが良くなり倦怠感改善されます。
日常生活や仕事のストレスなどで疲労がたまり倦怠感を感じる時は、全身のリンパが滞っています。
そんな倦怠感の時には、リンパマッサージでリフレッシュしましょう。
最初に鎖骨下のリンパマッサージをします。
鎖骨下のくぼみの押さえると少し気持ち良い所を、力を入れすぎない程度に内側から順に中指の腹で押します。
次は首のリンパマッサージをします。
耳の後ろにあるくぼみに指を当てて、首の両側をやさしく上から下になでおろし、さすっていきます。
次は腕のリンパマッサージをします。
手首からひじに向かって片方の親指で骨と骨の間のくぼみに沿って圧迫しながら少しずつ押します。
反対側の手でひじから脇に向かって、手のひらを密着させてさすります。
次は肋骨下のリンパマッサージをします。
手のひらを上向きにして肋骨の下にあてて、中心から外側へ流すようにさすります。
最後にそけい部のリンパマッサージをします。
腰骨に手をあてて脚の付け根のそけい部へ向かってさすります。
リンパマッサージでカラダがスッキリして、倦怠感が改善されます。
posted by 桃子 at 11:58 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージで病気の早期発見

日頃のリンパマッサージ病気予防早期発見をしましょう。
リンパ腺は全身に網目のように張り巡らされていて、組織間の体液を運ぶリンパ管を流れています。
リンパマッサージをまめにしていると、自分のカラダの異変に気が付くことができます。
自分でわかりやすい病気は、乳ガンの早期発見です。
胸のしこりは、自分でも見つけやすいですが、しこりがどういうものかわかりづらいものです。
リンパマッサージを行っていて、いくつかしこりのような塊を感じます。
良性のしこりはゴムのように柔らかくて、悪性のしこりは小石のような硬いものだそうです。
乳がんの場合は、脇の下のリンパ節にも転移することが多いので、脇の下もチェックする必要があります。
リンパは病気と闘ってくれるところなので、腫れや痛みが出たら注意しましょう。
リンパマッサージで、病気のシグナルを感じて早期発見、予防をしましょう。
posted by 桃子 at 12:13 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージでメタボリックシンドロームの改善

リンパマッサージで内臓肥満を解消して、メタボリックシンドロームを改善して健康になりましょう。
メタボリックシンドロームは、内臓に脂肪が蓄積してさまざまな病気が引き起こされやすくなった状態です。
メタボリックシンドロームの状態の放置は、動脈硬化による循環器病を引き起こします。
内臓肥満は腹部リンパ節のリンパマッサージで、内臓の機能低下を防ぎ、新陳代謝を高めます。
リンパマッサージは、脂肪の燃焼を高めることができます。
メタボリックシンドロームの改善するリンパマッサージは、おへその位置から上にこぶし1個分のあたりをスタートにして恥骨まで4本の指で押します。
その後、同じ場所をはさするように手にひらでリンパマッサージをします。
次に、わき腹を胸のあたりからにぎるようにして下へマッサージしていきます。
リンパマッサージでお腹の皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪のダイエットをしてメタボリックシンドロームを改善して健康になりましょう。
posted by 桃子 at 11:17 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージでこむらがえりを予防

リンパマッサージこむらがえり予防しましょう。
こむらがえりの原因は、代謝の異常や神経系の反射異常や水分バランスの異常や、寒さや暑さの環境異常などです。
こむらがえりや足がつる症状は、突然激しい痛みを伴う筋肉の痙攣です。
ふくらはぎや足の裏に運動不足や疲労により起こり、一度起きるとくせになることもあります。
激しい運動や水泳中によく発症して、疲れたまま寝ると睡眠中に起きることもあります。
こむらがえり後は、そのときに治っても足に違和感を感じます。
1番の予防は、足を疲労させないことです。
激しく運動した後や疲労を感じたときは、足へのリンパマッサージが疲労解消に効果的です。
運動前のストレッチと運動後のリンパマッサージでこむらがえりを回避しましょう。
posted by 桃子 at 10:52 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージで胃もたれ解消

リンパマッサージ胃もたれ解消して健康な体をつくりましょう。
歳をとってくると悩みになってくる胃もたれは、早食いや、食べ物をうまく消化できていない状態です。
リンパマッサージの前に背中の胃の裏側あたりの部分とみぞおちに温かいタオルを当てて、仰向きになってリラックスしましょう。
タオルが冷めてきたら、肋骨下のリンパマッサージから始めます。
肋骨の下に手を差し込むようにして、体の外側へ垂直に流すように動かします。
次に背中のリンパマッサージをします。
胃の裏側に親指が当たるように両手を置いて、押しながら腰まで流しておへその方まで親指で流すように動かします。
最後は腰のリンパマッサージです。
背中に手の甲を当てて背中の真ん中から腰のあたりをなでるように3回に分けて真横の方向に動かしてます。
各リンパマッサージを6回くらいすると効果的です。
リンパマッサージで消化液の分泌を促す副交感神経を働かせてると胃もたれは解消でき健康的な体になれます。
posted by 桃子 at 14:17 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージとむくみに効く食べ物

リンパマッサージむくみ効果がありますが、むくみに効く食べ物で更にむくみを解消しましょう。
むくみの原因は、座りっぱなしや立ちっぱなしの同じ姿勢でいることや運動不足や冷えや血行不良や新陳代謝の低下などです。
リンパマッサージでリンパを流してむくみを取りましょう。
その他に塩分の取りすぎやビタミン、ミネラル不足があります。
むくみに効く食べ物は、ウリ科の食べ物が利尿作用がありきゅうり、冬瓜、すいかなどがあります。
カリウムを多く含むバナナや、かぼちゃ、豚肉、豆腐などのビタミンB1を多く含む食べ物があります。
特に小豆は、利尿作用のあるサポニンが多く含まれていて、むくみに効果的と昔から言われています。
月経前にむくむ方にはビタミンB6が有効と言われています。
ビタミンB6は、ミナミマグロ、かつお、さんま、レバーなどに多く含まれています。
リンパマッサージとむくみに効く食べ物でむくみを解消しましょう。
posted by 桃子 at 10:18 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージで頭痛解消

リンパマッサージで頭痛を解消・予防しましょう。
ストレスや肩や首のこりで血管の収縮により起こる緊張型頭痛と、ズキンズキンと脈打つような痛みの片頭痛と、男性に多い群発頭痛があります。
それぞれ対処法が違うので、自分の頭痛がどの種類なのかで間違った薬やマッサージは逆効果になるので注意しましょう。
片頭痛と群発頭痛は対処法が違うのでできませんが、緊張型頭痛にリンパマッサージは効果があります。
緊張型頭痛は、頭を締め付けられるような重い痛みや吐き気などが特徴で、頭痛の70%は緊張型と言われています。
長時間の同じ姿勢やデスクワークによる肩や首の緊張により、血管の収縮によって起こる頭痛です。
暖かいタオルなどで血行を良くしたり、側頭部や首のリンパマッサージで解消できます。
仕事の合間や集中作業の後にリンパマッサージを行って頭痛予防・頭痛解消をしましょう。
posted by 桃子 at 14:24 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージで生理痛・生理不順を軽減

リンパマッサージで慢性的な生理痛生理不順の症状を軽減できます。
足の付け根のそけい部のリンパマッサージは生理痛や生理不順に効果があります。
尾てい骨の上の逆三角形のくぼみ部分の仙骨を蒸しタオルで温めて、リンパと血液の流れを良くして太ももの付け根に沿って外側から内側の方向へさすっていきます。
ふくらはぎは足首からひざへリンパを流すようにマッサージします。
太ももはひざから足の付け根まで流すようにさすり上げて行きます。
最後に仙骨を親指で気持ちよく感じる場所を押します。
3回くらいこのリンパマッサージを繰り返すと生理痛・生理不順軽減の効果が高いです。
下半身のリンパマッサージは、ホルモンのバランスの崩れやストレスや冷え性を軽くしてカラダを温めてリラックスできます。
posted by 桃子 at 14:09 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージと爪もみで免疫力向上

リンパマッサージと簡単爪もみ免疫力向上させて健康になりましょう。
リンパには、大きく分けて排泄機能と免疫機能の2つの役割があります。
爪の生えぎわにも神経が密集していてそのツボを適度に刺激すると血流が良くなり自律神経のバランスを整えることで、免疫力の向上の効果があります。
爪もみでは、薬指以外の親指・人さし指、中指、小指の4本の指の爪の生えぎわをもみます。
爪もみをするとカラダと心に休息をもたらす神経の副交感神経が活発になり、血行が良くなります。
爪もみの方法は、もむ反対の手の親指と人さし指で爪の生えぎわを両側からつまんで10秒から20秒くらいもむだけです。
両手の4本の指をもむ作業を1日に2、3回してリンパマッサージをしましょう。
力加減は、ちょっと痛いかな? というくらいの刺激がベストで、強すぎても弱すぎても健康的な効果がありません。
この爪もみとリンパマッサージで免疫力向上と肩こりや腰痛、不眠等の症状の軽減や解消に役立ちます。
健康なカラダになるためにリンパマッサージと爪もみは実践したいものですね。
posted by 桃子 at 14:26 | リンパマッサージ 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。