スポンサードリンク



リンパマッサージの基本テクニック

リンパマッサージには、多くの手技がありますが自分で行う場合の方法基本テクニックを覚えましょう。
リンパマッサージのメインとなる手技の「ドレナージュ」は、リンパ液の流れを促進するテクニックで全身に使います。
リンパ節に向かってリンパ液を流し込むように、指や手のひらを使ってなでるようにさする手技です。
リンパ節に詰まった老廃物などを押し出す手技の「ポンパージュ」は、リンパ液を流れやすくします。
指を肌から離さずに指をそろえて、指の腹を使ってリンパ節を軽く押さえて6〜7回圧迫と弛緩をゆっくり繰り返す手技です。
この2つが、リンパマッサージを自分で行う場合の代表的なテクニックです。
その他に、凝り固まった筋肉をもんで柔らかくほぐす「ペトリサージュ」は、リンパ液を流れやすくする揉ねつの手技です。
指や手のひらを使ってねじったり、もんだり、つまんだりを1ヵ所あたり3〜6回する手技です。
他にも多くの手技がありますが、自分でリンパマッサージを行う場合はこの3つの基本テクニックを覚えましょう。
posted by 桃子 at 12:04 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージとヨーグルト

リンパマッサージを行うときにヨーグルトを使ってキレイになりましょう。
ヨーグルトを食べることは、美容や健康に良いことですが、リンパマッサージに使うこともできます。
使うのは無糖ヨーグルトの上に溜まる上澄みでこの上澄み液をホエイといいます。
ホエイは、水溶性のたんぱく質で乳糖、ビタミン類、ミネラル類を多く含んでいます。
保湿力が高く、肌荒れの原因となるさまざまな菌の増殖を抑えて老廃物や異物を浄化して肌を活性化します。
酸化の進行を止めるので、肌の老化の原因のしみやしわに効果があります。
肌表面の剥離しきれない角質と結びついて、遊離させて、お肌をキレイにできる安心なピーリングです。
肌に近い成分でできているので、肌の弱い方、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く使うことができます。
乾燥の気になる方やしみやしわの気になる方は、ヨーグルトのホエイでリンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 13:46 | リンパマッサージ 方法

ペットへのリンパマッサージで病気予防

リンパマッサージペットにして病気予防をしてあげましょう。
今やペットは、ペットというより家族の一員です。
近頃特に、人間に近いところで生活するペットが増えているため、ペットへの負荷が多くかかっています。
動物本来の生活と違う飼い主の生活に合わせているペットには、カラダにも心にも負担がかかっています。
ストレスのために抜け毛になってしまったり、難治性の病気が増えています。
ペットも、人間同様に自然治癒能力を持っていますが、地球環境、生活環境が崩れているために、この能力が発揮されていません。
ペットへのリンパマッサージは、人のようにはできませんが、普段なでている行為がリンパマッサージになります。
犬や猫をなでてあげると、うっとりして気持ち良さそうにします。
ペットにとってリラックスできることは、とても良いことで、飼い主も癒しを感じることができます。
人もペットもリンパマッサージで健康と癒しを感じましょう。
posted by 桃子 at 15:38 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージでにきび解消

リンパマッサージにきびを解消しましょう。
にきびは、代謝が鈍り肌に老廃物が溜まることが原因で発生します。
週に1回は、角質取りの洗顔料やスクラブで古い角質を取り除いて、リンパマッサージで毒素を出しましょう。
にきびで悩んでいる方は、何度も何度も洗顔してしまいがちですが、過度の洗顔は顔の皮脂を取りすぎてしまいます。
にきびができてしまったら、さわったりするとバイ菌が入ったり、刺激となって治りが遅くなってしまうのでつぶしたい気持ちを抑えて我慢しましょう。
気になるといじりたくなりますが、にきび跡が残ってしまうのでにきびをつぶしたり、かさぶたをいじらないようにしましょう。
あごの裏や耳の後ろや鎖骨の上などを軽く指で押して、リンパマッサージをしましょう。
にきびは、顔だけでなく胸の間や背中にもできます。
脇の下にあるリンパ節をリンパマッサージすると老廃物が流れやすくなり、胸の間や背中のにきびが予防されます。
リンパマッサージと清潔を心がけて、にきびを解消しましょう。
posted by 桃子 at 09:26 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージで目の下のクマを解消

リンパマッサージで目の下のクマを解消しましょう。
目の周りの皮膚は薄くデリケートなので、ゆっくりとソフトに優しく押します。
色素が沈着するので、ごしごしこすらないようにしましょう。
目の下のクマを解消するリンパマッサージの方法は、両手の薬指で目頭から目尻、下まぶたの目頭と順番にまぶたのまわりを押します。
目の下のクマがあると10歳は老けた顔に見えるといわれています。
睡眠不足や疲労やストレスなどによって、顔の血液やリンパ液の循環が悪くなりクマができてしまいます。
目のまわりの皮膚は薄いので顔の血行が悪いと、目の下のクマとなってあらわれます。
リンパ液の流れが滞ると、肌の新陳代謝が悪くなり肌がくすみます。
リンパマッサージで顔の血行を良くして、目の下のクマを解消しましょう。
posted by 桃子 at 00:00 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージの手技

リンパマッサージで代表的な手技は、押すとなでる(さする)の2つです。
なでる(さする)手技
リンパマッサージで最も多く使われる手技です。
手のひらを肌に密着させて、優しくなでるようにさするとリンパが流れます。
リンパは、皮膚の浅いところでゆっくり流れているのでなでることでそのサポートをします。
強くさすると、肌やリンパ管に負担をかけてしまいます。
顔の細かい部分は、指の腹を使ってさすります。
押す手技
詰まったリンパ節をほぐすのに適しているのは押す手技です。
体中のリンパ管が集まってくる中継点のリンパ節の停滞を解消しなければリンパの流れは良くなりません。
リンパマッサージで、最も大切なリンパ節の鎖骨リンパ節は指の腹で優しく押しましょう。
強いチカラはいりません。
正しい手技でリンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 14:30 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージ気をつけるポイント

リンパマッサージは、リンパの流れを促進してたまった老廃物や毒素を排出できます。
リンパマッサージを行うときに気をつけなければならないポイントは、効果を高めようとつい力が入りがちですが優しくなでるようにしてマッサージしましょう。
リンパのジョイント部分のリンパ節を痛めてしまっては、リンパマッサージの効果が期待できません。
刺激が強すぎると逆に血行障害やむくみの原因になってしまいます。
また、リンパ液の流れに逆らわないこともリンパマッサージのポイントです。
カラダを流れるリンパ液はリンパ節で合流して、心臓へと運び込まれます。
カラダの末端から心臓という、一定のリンパ液の流れに逆らわないことが大切です。
リンパマッサージは1日2〜3回ほどで一度に10回程度で効果を期待できます。
気をつけるポイントを覚えて、リンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 13:58 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージを避けた方がよい場合

リンパマッサージを行うのに、避けた方がよい場合があります。
健康や美容に大変良いリンパマッサージですが、そのリンパを流す効果や血行を良くする効果によって問題が起こりそうな状況ではリンパマッサージを避けた方がよいです。
吸収のリズムを狂わせてしまう事があるので食後2時間以内は避けましょう。
体内にアルコールを循環させてしまうので飲酒の後はさけましょう。
余計にカラダをだるくさせてしまうので体調が悪いときや過度の疲れのあるときは避けましょう。
細菌がリンパを通して広がってしまう可能性があるので湿疹があるときや皮膚をケガしているときは避けましょう。
ウイルスがカラダ中に広がってしまう可能性があるので風邪をひいているときは避けましょう。
妊娠初期や感染症や病気のときもリンパマッサージを行わない方がよいです。
毎日続ける事に効果がありますが、良い効果がでるときにリンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 14:25 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージとむくみ予防の注意点

リンパマッサージむくみに効果がありますが、その他にちょっとした事を注意するとずいぶんと良くなります。
リンパ管の働きが悪くなり細胞と細胞の間に余分な水分がたまってしまうとむくんでしまいます。
長時間同じ体勢でいるとリンパが滞ってしまうので、できれば避けましょう。
デスクワークがお仕事の方は、座りっぱなしでも足踏みしたり、足首をまわしたり、指先を動かしたりするだけで違います。
体が冷えると血流が悪くなってむくみの原因になります。
冷たい食べ物や飲み物を避けて、冷房の効き過ぎに注意しましょう。
食生活では、水分代謝を高めるカリウムを含む野菜や果物を多くとってミネラルやビタミンをとるように心がけましょう。
体内の塩分濃度を薄めるために水分を溜め込んでむくみの原因になるので、塩分を控えるようにしましょう。
テレビを見ながら足を心臓より高くしたり、入浴できないときに足欲をしてリンパマッサージをすると良いです。
睡眠を十分にとって、適度な運動と規則正しい生活とリンパマッサージでむくみの起こらない体を目指しましょう。
posted by 桃子 at 14:31 | リンパマッサージ 方法

ストッキングでふくらはぎのリンパマッサージ

ふくらはぎのリンパマッサージをするときにストッキングを履いてしましょう。
ふくらはぎは心臓に遠いので、運動不足や長時間立っているとむくみやすいです。
リンパマッサージが効果的ですが、オイルを使うときと同じくらいの摩擦でできるのがストッキングを履いてする方法です。
素手でリンパマッサージをするよりもすべりが良く肌の負担も軽減されます。
ストッキングを履いてふくらはぎの下から上へさするだけです。
ストッキングの滑らかさに任せて優しく3分間さすりましょう。
強くもみすぎては皮膚のすぐ下にあるリンパの流れを止めてしまい逆効果です。
ストッキングを履いてリンパマッサージをしてみると、滑りの良さを実感できます。
posted by 桃子 at 14:28 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージと足指とくるぶしマッサージ

足やせに効果のあるリンパマッサージ足指とくるぶしのマッサージをプラスしましょう。
初めに足の指を親指から1本ずつ回します。
次に足の親指から1本ずつ順番に両手の親指を使って上に押し上げ、指の側面も擦り上げます。
くるぶしは、内側のくるぶし全体を円を描くようにマッサージしてから内側のくるぶしから外側のくるぶしへ向かってマッサージします。
外側のまで行ったら外側のくるぶし全体を円を描くようにマッサージします。
その際、足首にはたくさんの靭帯があるのであまり強く押し過ぎないようにしましょう。
このマッサージで、縮まりがちな抹消の血管も広がって血行が良くなり手足の冷えも解消されます。
リンパマッサージの前にすると 足の血行も良くなり足やせの効果が期待できます。
posted by 桃子 at 14:23 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージとアロマオイル

リンパマッサージを行うときに排毒効果のあるアロマオイルを使う方法があります。
アロマの精油は老廃物の排出を助ける働きがあり、リンパの流れを良くします。
むくみや肩こりや美肌に効果があり、血行を促進するローズマリー。
むくみ解消に効果的でリンパの働きを整える効果があるグレープフルーツ。
毒素の排出に役立ち、利尿作用があるゼラニウム。
毒素を取り除く作用があり、脂肪燃焼効果あるフェンネル
むくみ解消に効果的で解毒効果が高くセルライトに効果があるジュニパーベリー。
利尿作用があり、お肌の引き締め効果があるタイム。
引き締め効果が高く、スッキリとした香りのペパーミント。
血行を良くし、リンパ停留に効果があるレモン。
調べてみるとたくさんのアロマオイルがあります。
自分の好みを見つけて、その日の気分で使い分けてリンパマッサージをしてみましょう。
アロマをプラスするとゆったりとしたココロでリラックスしてリンパマッサージを楽しめます。
posted by 桃子 at 14:17 | リンパマッサージ 方法

むくみ防止のお手軽リンパマッサージ方法

毎日できるむくみ防止のお手軽リンパマッサージ方法です。
男性に比べて女性は筋肉量が少なく、リンパ液を押し戻す力が弱いのでむくみやすいといわれています。
むくみを放置していると、セルライトになってしまいこの脂肪は、なかなか落ちない上にできてしまうと完全になくならないのです。
週に1度本格的なマッサージをするより、こまめに毎日お手軽リンパマッサージをする方がむくみ防止になります。
お手軽リンパマッサージは、リンパの流れが滞りやすいジョイント部分の、わきの下、足のつけ根、ひざの裏の3ヶ所を刺激するリンパマッサージです。
この3ヶ所を指で刺激してあげるとリンパの停滞はかなり解消されるます。
暇をみつけてこまめにやって、毎日の習慣にしましょう。
予防という心構えが、むくみ知らずのスラリとした脚を保つ秘訣です。
posted by 桃子 at 14:26 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージの方法とお掃除ダイエット

お掃除する時間を利用して、お掃除ダイエットをしてみましょう。
ジムに行ってスポーツをしなくても、おうちのお掃除をいつもより頑張って、筋肉をちょっと動かすことでエクササイズになります。
毎日繰り返しているトイレ掃除や床掃除や窓拭きなどは、カラダの色々な部分の筋肉を動かしています。
お掃除のときに筋肉の動きを積極的に意識すると、お腹、背中、腕、脚の筋肉が、動いているのがわかります。
お掃除後は、きれいになった部屋でリラックスした状態でリンパマッサージをして、カラダをやさしくいたわってあげましょう。
お掃除ダイエットは、普段の生活で行えますし、リンパマッサージでリンパ液の流れがよくなり、ダイエット効果も期待できるので一石二鳥ですよ。
posted by 桃子 at 14:42 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージの健康入浴方法

リンパマッサージ入浴時に行うと血行促進効果があり、健康的なリンパの流れを維持できます。
入浴中のリンパマッサージで簡単に覚えられるものは、関節付近をリンパマッサージです。
関節付近をマッサージする方法を紹介します。

入浴時、カラダが温まってきてからカラダを洗うときに、スポンジやタオルを使わず手で石鹸を泡立てて、手のひら全体でリンパを押し出すイメージで、関節付近を体の末端から中心に向かって、押し出すようにリンパマッサージをします。
ふくらはぎは、両手で足首を持ち、ひざ方向へ引き上げていきます。
ひざの裏のくぼみに指を入れ、小さな円運動をくり返したり、下から軽く押し上げます。
首は、のどに手のひらをあてて首の後ろ側にマッサージして、首の付け根の頚部リンパ筋を刺激します。
鎖骨は、リンパ液を運搬する要が鎖骨付近です。鎖骨のくぼみに指をあてて、軽く押したり、心臓にむかうイメージで上から下へ円運動をします。
わきの下は、腕を上げてわきの下のくぼみに指をあてて、心臓にむかって円を描くようにして刺激をしたりしてリンパを刺激します。
入浴時リンパマッサージで、健康を目指して万病予防につなげましょう。
posted by 桃子 at 14:25 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージの豊胸効果とマッサージ方法

リンパマッサージで乳房に関する部分のリンパをマッサージすると、リンパ液がスムーズに流れタルミ部分の改善効果で豊胸効果が期待できます。
リンパマッサージで、水分や老廃物を脇の下のリンパ節に流していくマッサージ方法で、年々下に垂れていく胸を重力に負けない胸にしてバストアップを目指しましょう。
豊胸リンパマッサージは、脇の中心の奥にあるグリグリした感触を探し、人差し指、中指、薬指の3本の指でそのグリグリした感触から胸部の中心へ、円を描くように優しく撫でるようにマッサージします。
反対側のバストも同じくマッサージします。
リンパマッサージだけではなく、他のバストアップマッサージと合わせて、バストをマッサージにすると乳腺が刺激され、ハリとボリュームが出てきます。
入浴のときなどに、毎日の習慣をオススメします。
posted by 桃子 at 14:30 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージのお風呂の活用方法

リンパマッサージを行うのにお風呂はとても活用できます。
リンパマッサージには、カラダを温かくするのも効果的なのでカラダを温めてからカラダを洗って、泡のすべりを利用してリンパマッサージをするのがいかがですか?
顎の下・腋・足の付け根・膝の後ろなどにあるリンパ節に向かって、やさしくソフトタッチで泡を滑らせてリンパマッサージをしましょう。
リンパの流れが良くなると、これだけで脚のむくみや顔のむくみを解消します。
カラダを洗いながらのリンパマッサージの後に、湯船につかりながらウエストをひねるなどの簡単なストレッチをするだけで、思ったより効果があります。
お風呂は、日々のヨゴレを落とすだけではなくむくみの解消や健康や美肌の為に、とても活用できて効果を期待できます。
posted by 桃子 at 14:31 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージの方法 準備マッサージ

リンパマッサージを始める前に、準備マッサージをします。
準備リンパマッサージの方法は、左右同時に首のえら骨の下あたりに、人差し指、中指、薬指の3本指を揃えて後ろの方に滑らせます。
耳の下まできたら、今度は下へ滑らせて最後はそっと指を離します。
この横から下(→↓)の作業を5回繰り返します。
次に首の付け根の少し上あたりから、同じく横から下(→↓)を5回します。
続けて鎖骨の上あたりも同じく横から下(→↓)を5回します。
次は腕を交差して人差し指と中指で鎖骨を円を描くように内側に5回さすります。
このリンパマッサージを3回繰り返します。
この準備マッサージで全身のリンパ液が集まる鎖骨上あたりのリンパ節を開いた状態にしてからリンパマッサージをしましょう。
体の機能を整え、たまった老廃物の排出する事が出来ます。
posted by 桃子 at 14:19 | リンパマッサージ 方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。