スポンサードリンク



リンパマッサージと各リンパ節

スポンサードリンク

リンパマッサージを行う為に重要なリンパ節を覚えましょう。
主なリンパ節は、鎖骨、脇の下、そけい部、おなか、耳の前、ひじの裏、ひざの裏にあります。
鎖骨リンパ節
別名=身体のゴミ捨て場と言われる体内の流れたリンパが最後に心臓に戻れ流れ込む場所で、ここを常に刺激してリンパの流れ促したいリンパ節です。
顎下リンパ節
顔から首へ流れるリンパが通る箇所で、リンパの流れが悪くなると顔のたるみや二重あごになってしまいます。
腋窩リンパ節
ノドや肺に近く外部からウィルスなどが入った時に、免疫機能が真っ先に働いて腫れやすいところです。
鼠径リンパ節
下半身のリンパ液が流れ込む箇所で、ここが滞ると下半身が太くなってむくんだり、冷えたり、たるんだりしてしまいます。
腹部リンパ節
この場所のリンパが滞ると、お腹や腰まわりに脂肪がついてしまい、腸の働きが鈍って便秘になったり、生理不順、子宮、卵巣の病気などを引き起こすこともあります。
膝窩リンパ節
この場所はとてもリンパが滞りやすくむくんだり、だるくなります。
ひどい症状になると血管やリンパが腫れて静脈瘤になります。
リンパ節の場所に向かって、正しくリンパ液を流してあげるのがリンパマッサージです。

スポンサードリンク

posted by 桃子 at 11:51 | リンパマッサージとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。