スポンサードリンク



リンパマッサージの手技

リンパマッサージで代表的な手技は、押すとなでる(さする)の2つです。
なでる(さする)手技
リンパマッサージで最も多く使われる手技です。
手のひらを肌に密着させて、優しくなでるようにさするとリンパが流れます。
リンパは、皮膚の浅いところでゆっくり流れているのでなでることでそのサポートをします。
強くさすると、肌やリンパ管に負担をかけてしまいます。
顔の細かい部分は、指の腹を使ってさすります。
押す手技
詰まったリンパ節をほぐすのに適しているのは押す手技です。
体中のリンパ管が集まってくる中継点のリンパ節の停滞を解消しなければリンパの流れは良くなりません。
リンパマッサージで、最も大切なリンパ節の鎖骨リンパ節は指の腹で優しく押しましょう。
強いチカラはいりません。
正しい手技でリンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 14:30 | リンパマッサージ 方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。