スポンサードリンク



リンパマッサージと各リンパ節

リンパマッサージを行う為に重要なリンパ節を覚えましょう。
主なリンパ節は、鎖骨、脇の下、そけい部、おなか、耳の前、ひじの裏、ひざの裏にあります。
鎖骨リンパ節
別名=身体のゴミ捨て場と言われる体内の流れたリンパが最後に心臓に戻れ流れ込む場所で、ここを常に刺激してリンパの流れ促したいリンパ節です。
顎下リンパ節
顔から首へ流れるリンパが通る箇所で、リンパの流れが悪くなると顔のたるみや二重あごになってしまいます。
腋窩リンパ節
ノドや肺に近く外部からウィルスなどが入った時に、免疫機能が真っ先に働いて腫れやすいところです。
鼠径リンパ節
下半身のリンパ液が流れ込む箇所で、ここが滞ると下半身が太くなってむくんだり、冷えたり、たるんだりしてしまいます。
腹部リンパ節
この場所のリンパが滞ると、お腹や腰まわりに脂肪がついてしまい、腸の働きが鈍って便秘になったり、生理不順、子宮、卵巣の病気などを引き起こすこともあります。
膝窩リンパ節
この場所はとてもリンパが滞りやすくむくんだり、だるくなります。
ひどい症状になると血管やリンパが腫れて静脈瘤になります。
リンパ節の場所に向かって、正しくリンパ液を流してあげるのがリンパマッサージです。
posted by 桃子 at 11:51 | リンパマッサージとは

リンパマッサージは老人に効果的

リンパマッサージは、老人のカラダと心にとても効果的です。
寝たきりの方はもちろん、あちこちとカラダが痛くなっている事が多い老人に優しくなでるリンパマッサージはカラダが和らぎます。
リンパを足の裏から、足首、太ももと流すと、冷えの解消になってだるさも取れます。
痺れている手や足にマッサージもできずに我慢している方も多くいますが、優しくさするリンパマッサージは効果があります。
ひざに痛みがある方やひざの裏に静脈瘤が見られる方は、リンパを流すと痛みがずいぶんと和らぐようです。
老人の方には人の手で行うリンパマッサージは、気持ちまでも温かくなります。
リンパマッサージのリンパを流す手作業が、心のケアに繋がります。
posted by 桃子 at 14:27 | リンパマッサージ 効果

リンパマッサージで赤ちゃんとスキンシップ

リンパマッサージは、免疫力を高める効果があり、赤ちゃんとのスキンシップに最適です。
リンパマッサージは、母と子、父と子の肌の触れ合いで、赤ちゃんはお母さんやお父さんの優しい手のぬくもりや手の優しさを感じ取ります。
リンパマッサージのなでるだけの優しい刺激は、心や体の発育に良く免疫力を高める効果で赤ちゃんの生命力を活発にします。
肌の触れ合いで、赤ちゃんの体調や気持ちを感じ取れるようになります。
手で温めてから、ソフトタッチでゆっくりとした動きでなでるようにリンパマッサージをしましょう。
あせらないで赤ちゃんの気持ちや動きに合わせることが大切です。
手に愛情を乗せてリンパマッサージをすると赤ちゃんは、大好きなお母さんやお父さんの優しさで安心するでしょう。
リンパマッサージをする側のお母さんは、赤ちゃんの肌のぬくもりを感じて心と体を癒す効果もあります。
赤ちゃんへのリンパマッサージは、母が子へ、父が子へ行う親子どちらにも良い効果があるスキンシップです。
posted by 桃子 at 14:20 | リンパマッサージ 効果

リンパマッサージで胃もたれ解消

リンパマッサージ胃もたれ解消して健康な体をつくりましょう。
歳をとってくると悩みになってくる胃もたれは、早食いや、食べ物をうまく消化できていない状態です。
リンパマッサージの前に背中の胃の裏側あたりの部分とみぞおちに温かいタオルを当てて、仰向きになってリラックスしましょう。
タオルが冷めてきたら、肋骨下のリンパマッサージから始めます。
肋骨の下に手を差し込むようにして、体の外側へ垂直に流すように動かします。
次に背中のリンパマッサージをします。
胃の裏側に親指が当たるように両手を置いて、押しながら腰まで流しておへその方まで親指で流すように動かします。
最後は腰のリンパマッサージです。
背中に手の甲を当てて背中の真ん中から腰のあたりをなでるように3回に分けて真横の方向に動かしてます。
各リンパマッサージを6回くらいすると効果的です。
リンパマッサージで消化液の分泌を促す副交感神経を働かせてると胃もたれは解消でき健康的な体になれます。
posted by 桃子 at 14:17 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージと寝具

リンパマッサージ効果で美容と健康を向上していても、寝具が合っていなければカラダに負担がかかってしまいます。
快適な睡眠は、ストレスが解消されてホルモンの分泌を促し、リンパ液の流れをスムーズにして代謝の良いカラダにします。
身体に合わない寝具で寝ていると、大切な睡眠の時間によけい疲労がたまってカラダに負担がかかり疲れが取れません。
やわらか過ぎる布団は、胸とお尻がしずんでしまいカラダに負担がかかります。
硬すぎる布団は、カラダが布団に接する面積が少なくて、局部的にカラダに負担をかけてしまいます。
枕も大切で、高すぎると背中が緊張してしまいカラダが疲労するだけでなく、首にしわができてしまいます。
枕をしなかったり、低い枕の場合は、心臓より頭が低くなってしまい血行が悪くなって顔がむくんでしまいます。
寝る前のリンパマッサージは、カラダに合った寝具で寝ると快適な睡眠効果も上がります。
リンパマッサージと快適な睡眠で、美容と健康を向上させましょう。
posted by 桃子 at 14:18 | リンパマッサージ 効果

リンパマッサージの始まり

リンパマッサージは、免疫・排泄機能を高めるために医療行為の手技として行われたのが始まりです。
リンパには、免疫と排泄機能がありますが、病院に入院している患者さんは、思うように体を動かすことができない場合が多くリンパの流れが悪くなってしまいます。
結果、免疫機能や排泄機能が低下してしまい病気も治りにくくなってしまいます。
患者さんのリンパを流してあげて、免疫・排泄機能の向上の為に行われたのがリンパマッサージです。
今では、テレビや雑誌でもむくみ解消や小顔になれるマッサージとしても、本来の目的以外に美容や健康の為に注目されています。
日本では、まだまだリンパマッサージは確立されていない為に間違った情報を持っていたり、痛いものと思っている方もいます。
リンパマッサージは、免疫、排泄機能を向上させる効果やむくみ取りなどのすばらしい効果を期待できる良い技法です。
posted by 桃子 at 14:19 | リンパマッサージとは

リンパマッサージ気をつけるポイント

リンパマッサージは、リンパの流れを促進してたまった老廃物や毒素を排出できます。
リンパマッサージを行うときに気をつけなければならないポイントは、効果を高めようとつい力が入りがちですが優しくなでるようにしてマッサージしましょう。
リンパのジョイント部分のリンパ節を痛めてしまっては、リンパマッサージの効果が期待できません。
刺激が強すぎると逆に血行障害やむくみの原因になってしまいます。
また、リンパ液の流れに逆らわないこともリンパマッサージのポイントです。
カラダを流れるリンパ液はリンパ節で合流して、心臓へと運び込まれます。
カラダの末端から心臓という、一定のリンパ液の流れに逆らわないことが大切です。
リンパマッサージは1日2〜3回ほどで一度に10回程度で効果を期待できます。
気をつけるポイントを覚えて、リンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 13:58 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージが人気の理由

リンパマッサージとは、皮膚組織に軽く刺激を与えて、リンパの循環を促進させるマッサージ方です。
リンパマッサージは、エステにも次々導入されている人気の美容・健康法です。
人気の理由は、設備や道具を使わず簡単であること、基本技術が簡単であること、直接手で触れられ効果が目に見えてすぐに体感できることです。
セルライトを取り除くことができてダイエット効果も期待できることも人気の要素です。
セルフエステといわれるくらい日常的に自分で簡単に行うことできるところもリンパマッサージが人気の理由です。
またリンパマッサージは、他のダイエット法やトリートメント法と相性が良く組み合わせが可能です。
癒し効果も得られる人気のリンパマッサージで美容と健康になりましょう。
posted by 桃子 at 14:12 | リンパマッサージとは

リンパマッサージ リンパが滞る原因

リンパマッサージは、リンパ液の流れを助け滞ったリンパ液を流す美容健康の為のマッサージです。
リンパが滞ると体内に余分な水分が溜まり、老廃物や細菌、毒素が体内に溜まって、むくみやボディラインのくずれ、疲れ、肩こり、セルライト、風邪、肌の調子が悪いなどの症状がでてしまいます。
リンパが滞る原因の代表的なものは、運動不足、冷え性、ストレスがあります。
運動をしないとリンパ管に圧がかかることがないので滞ってしまいます。
筋肉を動かすことで、リンパ液が流れます。
足がむくむという方は、足首をくりくりと動かすだけでもリンパが流れるので、むくみが少しは楽になります。
体温が低くなると血液の循環も悪くなり、血液の循環が悪くなるとリンパの流れも悪くなってしまいます。
ストレスは、自律神経に悪い影響を与え、血管は収縮し、筋肉も緊張し、リンパの流れが悪くなります。
これらの解決にリンパマッサージで、リンパの滞りを解消しましょう。
難しい技術も力もいらないリンパマッサージでドロドロリンパをサラサラにしましょう。
posted by 桃子 at 14:18 | リンパマッサージ 効果

リンパマッサージとむくみに効く食べ物

リンパマッサージむくみ効果がありますが、むくみに効く食べ物で更にむくみを解消しましょう。
むくみの原因は、座りっぱなしや立ちっぱなしの同じ姿勢でいることや運動不足や冷えや血行不良や新陳代謝の低下などです。
リンパマッサージでリンパを流してむくみを取りましょう。
その他に塩分の取りすぎやビタミン、ミネラル不足があります。
むくみに効く食べ物は、ウリ科の食べ物が利尿作用がありきゅうり、冬瓜、すいかなどがあります。
カリウムを多く含むバナナや、かぼちゃ、豚肉、豆腐などのビタミンB1を多く含む食べ物があります。
特に小豆は、利尿作用のあるサポニンが多く含まれていて、むくみに効果的と昔から言われています。
月経前にむくむ方にはビタミンB6が有効と言われています。
ビタミンB6は、ミナミマグロ、かつお、さんま、レバーなどに多く含まれています。
リンパマッサージとむくみに効く食べ物でむくみを解消しましょう。
posted by 桃子 at 10:18 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージの効果を高める工夫

リンパマッサージ効果を更に高める工夫があります。
まず、リンパマッサージの前に水分をたっぷり取りましょう。
冷たい飲み物を避けて常温の飲み物が良いです。
リンパマッサージの前に水を飲むと、リンパ液が流れやすくなります。
アロマオイルやお香で部屋を自分の好きな香りにしたり、ヒーリングミュージックや癒しの音楽でリラックスできる環境を作りましょう。
ゆっくりと深呼吸をして心身がリラックスした状態になると、カラダ全体のチカラが抜けてストレスも少なくなります。
入浴後のリンパマッサージは、体が温まって血行が良くなっているので最適な状態です。
リンパマッサージの前の入浴は、リンパマッサージの効果を高めます。
自分好みのアロマオイルでリンパマッサージを行うことも良いです。
ちょっとした工夫でリンパマッサージの効果を更に高める事ができます。
posted by 桃子 at 14:20 | リンパマッサージ 効果

リンパマッサージを避けた方がよい場合

リンパマッサージを行うのに、避けた方がよい場合があります。
健康や美容に大変良いリンパマッサージですが、そのリンパを流す効果や血行を良くする効果によって問題が起こりそうな状況ではリンパマッサージを避けた方がよいです。
吸収のリズムを狂わせてしまう事があるので食後2時間以内は避けましょう。
体内にアルコールを循環させてしまうので飲酒の後はさけましょう。
余計にカラダをだるくさせてしまうので体調が悪いときや過度の疲れのあるときは避けましょう。
細菌がリンパを通して広がってしまう可能性があるので湿疹があるときや皮膚をケガしているときは避けましょう。
ウイルスがカラダ中に広がってしまう可能性があるので風邪をひいているときは避けましょう。
妊娠初期や感染症や病気のときもリンパマッサージを行わない方がよいです。
毎日続ける事に効果がありますが、良い効果がでるときにリンパマッサージをしましょう。
posted by 桃子 at 14:25 | リンパマッサージ 方法

塩ミルクでリンパマッサージ

リンパマッサージ塩ミルクでしましょう。
塩ミルクで用意する物は、スキムミルクと天然塩とすり鉢とすりこぎです。
塩とスキムミルクをすり鉢で細かくすっておき、塩とスキムミルクを混ぜ合わせるだけです。 
割合は、カラダに使うなら半々で、顔に使うなら1対2で混ぜます。
塩ミルクでリンパマッサージをすると、肌がつるつるになって角質がとれて肌の透明度がでてきます。
セルライト、ニキビ跡、イボに効果があり、リンパマッサージをすることで脂肪燃焼効果が期待できます。
クレンジングと洗顔後にお風呂で塩ミルクリンパマッサージをしましょう。
少量の水で塩ミルクをペースト状にして、粒が感じられなくなるまでリンパマッサージをします。
かかとに塩ミルクをぬると、だんだんと角質が取れていきます。
気軽に始められる塩ミルクリンパマッサージで、ざらつきを改善してつるつるになりましょう。
posted by 桃子 at 14:29 | リンパマッサージ 美容

リンパマッサージと腹式呼吸でダイエット

リンパマッサージ腹式呼吸ダイエットをしましょう。
普段無意識にしているのが胸式呼吸で、自分で意識して呼吸するのが腹式呼吸です。
腹式呼吸は、自律神経のバランスを整え副交感神経系が働き、血管が拡張されます。
腹式呼吸は、大胸筋を鍛え横隔膜を動かし内臓の血行を良くするので代謝が高まります。
腹式呼吸の方法は、まず息を吐ききってから鼻から深く息を吸いお腹膨らませるようにします。
そして、お腹がへこむまでゆっくり息を口から吐き続けます。
この空気の出し入れは、横隔膜と腹筋が動きます。
横隔膜を動かすことで、内臓全体が刺激されて消化機能が改善されます。
腹筋が鍛えられると内臓脂肪の燃焼に役立ち、リンパマッサージに加えると効果が期待できます。
腹式呼吸のエネルギー消費が増えると、基礎代謝が良くなって太りにくい体質に変わりダイエットになります。
多くの酸素をカラダの中に取り込む腹式呼吸とリンパマッサージでダイエットしましょう。
posted by 桃子 at 14:31 | リンパマッサージ ダイエット

リンパマッサージで頭痛解消

リンパマッサージで頭痛を解消・予防しましょう。
ストレスや肩や首のこりで血管の収縮により起こる緊張型頭痛と、ズキンズキンと脈打つような痛みの片頭痛と、男性に多い群発頭痛があります。
それぞれ対処法が違うので、自分の頭痛がどの種類なのかで間違った薬やマッサージは逆効果になるので注意しましょう。
片頭痛と群発頭痛は対処法が違うのでできませんが、緊張型頭痛にリンパマッサージは効果があります。
緊張型頭痛は、頭を締め付けられるような重い痛みや吐き気などが特徴で、頭痛の70%は緊張型と言われています。
長時間の同じ姿勢やデスクワークによる肩や首の緊張により、血管の収縮によって起こる頭痛です。
暖かいタオルなどで血行を良くしたり、側頭部や首のリンパマッサージで解消できます。
仕事の合間や集中作業の後にリンパマッサージを行って頭痛予防・頭痛解消をしましょう。
posted by 桃子 at 14:24 | リンパマッサージ 健康

リンパマッサージとむくみ予防の注意点

リンパマッサージむくみに効果がありますが、その他にちょっとした事を注意するとずいぶんと良くなります。
リンパ管の働きが悪くなり細胞と細胞の間に余分な水分がたまってしまうとむくんでしまいます。
長時間同じ体勢でいるとリンパが滞ってしまうので、できれば避けましょう。
デスクワークがお仕事の方は、座りっぱなしでも足踏みしたり、足首をまわしたり、指先を動かしたりするだけで違います。
体が冷えると血流が悪くなってむくみの原因になります。
冷たい食べ物や飲み物を避けて、冷房の効き過ぎに注意しましょう。
食生活では、水分代謝を高めるカリウムを含む野菜や果物を多くとってミネラルやビタミンをとるように心がけましょう。
体内の塩分濃度を薄めるために水分を溜め込んでむくみの原因になるので、塩分を控えるようにしましょう。
テレビを見ながら足を心臓より高くしたり、入浴できないときに足欲をしてリンパマッサージをすると良いです。
睡眠を十分にとって、適度な運動と規則正しい生活とリンパマッサージでむくみの起こらない体を目指しましょう。
posted by 桃子 at 14:31 | リンパマッサージ 方法

リンパマッサージとセルライトのレベル

リンパマッサージは、痩せられない原因になっているセルライトを落とす効果があります。
セルライトには、成長段階が3つありリンパマッサージで落とせる可能性があるのはレベル2までです。
レベル3になってしまわないようリンパマッサージでセルライトを落としましょう。
レベル1は、太ももをつまむとデコボコが出現する状態です。
皮下脂肪に水分が滞り老廃物が溜まっていくと徐々に肥大化してセルライトに変化してしまいます。
レベル2は、前かがみになり太ももの後ろの皮膚がのびるとデコボコが出てしまう状態です。
皮下脂肪に老廃物が溜まってセルライトができて、肥大化して皮膚の近くまで上がってきた状態です。
レベル3は、立った状態のままでも皮膚表面がデコボコになっている状態です。
肥大化してしまったセルライト同士がくっつき合ってコラーゲンが包み込んだ状態です。
コラーゲンで固められたセルライトは、運動してもマッサージしても分解にとても時間がかかってしまいます。
このレベル3の状態まで進む前に、リンパマッサージでセルライトを解消しましょう。
posted by 桃子 at 14:24 | リンパマッサージ 効果

リンパマッサージと小顔になる体操

小顔に近づく為にリンパマッサージと顔の体操をしましょう。
空いた時間にでも毎日できる簡単な顔のストレッチです。
スッキリとした顔になる為の「あ・い・う・え・お」体操です。
口をめいっぱい大きく開けて「あ・い・う・え・お」と1文字10〜15秒かけて言うだけの簡単ストレッチです。
ポイントは、これでもかというぐらい口を大きく開く事です。
この小顔の体操は、アゴのたるみや二重あごに効果があります。
顔の表情筋を引き締める効果も期待できて、アゴから首にかけて血行も良くなり顔のシェイプアップ効果があります。
この他に毎日の食事のときに、両方の歯でバランス良く噛むことを心がけてみましょう。
小顔の簡単体操とリンパマッサージで、小顔になりましょう。
posted by 桃子 at 14:21 | リンパマッサージ 美容

リンパマッサージで腕やせ

リンパマッサージでタプタプした二の腕をダイエットして腕やせしましょう。
以外と二の腕は年齢が正直に現れてしまいます。
日常生活で伸ばしたり曲げたりする事で腕の筋肉は鍛えられていても、運動量が減ると筋肉が落ちてしまいます。
どうしても腕にも脂肪がつきやすくなってしまいお肉がプルプル震える二の腕になってしまいます。
手首からわきのリンパ節までしっかりとリンパを流すリンパマッサージをしましょう。
腕を上に持ち上げて反対の手のひらで手首からわきの下に向かって腕全体をさすって、リンパを流しましょう。
左右交互にやさしく1分くらいしましょう。
次に二の腕全体をまんべんなく痛気持ちいいくらいの加減でたたきます。
左右両方1分くらいタッピングして腕やせになりましょう。
リンパマッサージで腕やせして引き締まった二の腕を目指しましょう。
posted by 桃子 at 14:25 | リンパマッサージ ダイエット

リンパマッサージで生理痛・生理不順を軽減

リンパマッサージで慢性的な生理痛生理不順の症状を軽減できます。
足の付け根のそけい部のリンパマッサージは生理痛や生理不順に効果があります。
尾てい骨の上の逆三角形のくぼみ部分の仙骨を蒸しタオルで温めて、リンパと血液の流れを良くして太ももの付け根に沿って外側から内側の方向へさすっていきます。
ふくらはぎは足首からひざへリンパを流すようにマッサージします。
太ももはひざから足の付け根まで流すようにさすり上げて行きます。
最後に仙骨を親指で気持ちよく感じる場所を押します。
3回くらいこのリンパマッサージを繰り返すと生理痛・生理不順軽減の効果が高いです。
下半身のリンパマッサージは、ホルモンのバランスの崩れやストレスや冷え性を軽くしてカラダを温めてリラックスできます。
posted by 桃子 at 14:09 | リンパマッサージ 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。